event20191211.png

イベント概要 [編集]

イベント限定アイテムを収集することで、シトリー専用衣装「ホーリーブレイバー」を含む様々なアイテムと交換できました。
※現在、シトリー専用衣装「ホーリーブレイバー」は常設「BEHEMOTH前編後編」の交換所にて入手可能
※オリアス専用衣装「スノウ・マジック」は、初回開催時のイベント限定ミッションの報酬となっていました(復刻時にはオリアス専用衣装の報酬はありません

+  イベント限定アイテム(前編と共通)

開催期間 [編集]

2020年10月13日(火)15:00 ~ 2020年10月28日(水)14:59
美味礼讃ノ魔宴・前編との同時復刻

+  過去開催分

※イベント参加には、メインクエストのステージ5-4クリアが必要です。

前編からの引継ぎについて [編集]

本イベントは前後編イベントの後編にあたり、一部の要素が前編(美味礼讃ノ魔宴・前編)から引き継がれます。
引き継ぎされる要素は、交換所のラインナップ、テイスティミート所持数、イベント効果のレベル、冷気のフォトン所持数、ステージクリア状況、イベントミッションの達成状況になります。

なお後編開始後も、前編部分のステージの攻略は可能となっています。

イベント全体の攻略手順 [編集]

イベントの進め方 [編集]

  1. イベントステージ(1~5・EA~EC・EX)を順番に攻略し、初回クリア報酬および全員生存報酬を獲得します。
    • 難易度は最後のEX-3で推奨Lv???(最高難易度表記)です。
    • 戦力が厳しい場合は、育成とイベント効果(後述)を使いましょう。
  2. 自分が安定して回れる難易度のステージを周回し、テイスティミートを集めます。
    • 基本的に後半のステージほど収集効率は良くなります。
    • 冷気のフォトンを使って、随時イベント効果を発動させましょう。
  3. ショップ内の「テイスティミート 交換所」でアイテムと交換します。

※イベントステージを全員生存クリアした場合、「攻略チケット・EV」が使えるようになります(通常の攻略チケットの使用は不可)。
 ただし一日の使用回数(00:00リセット)には制限があり、本イベントでは一日5回までとなります。

ステージクリアに詰まったら [編集]

イベントシナリオ部分のステージがクリアできない場合、まずイベント効果のレベルを可能な範囲で上げましょう。
それでも難しい場合、キャラ育成がおすすめです。とくに☆を増やす進化により、ステータスが大幅に上がります。
一部の例外や復刻を除いてイベントは2週間程度の開催となるため、日曜日のメギドクエスト全開放が利用できると育成しやすいです。

また、戦闘システムについて戦闘のコツ便利なオーブ状態異常・強化・弱体などのページを元に戦術を見直すのと突破口が開ける場合もあります。
※イベントストーリークリア後のエクストラステージ(頭にE/EX/SPが付く)は、中~上級者向けの高難易度ステージとなっています。
※エクストラステージにシナリオはありません。

イベント効果について [編集]

イベントステージのフィールドおよびドロップで集まる「冷気のフォトン」を使って、イベント内限定の効果を発動することができます。
※効果レベルは前編から引継ぎですが、後編の1-1クリアで各効果のレベル上限が解放されます。

今回のイベント効果 [編集]

  • 攻撃力上昇(最大Lv30/120%)
  • 攻撃時睡眠付与(最大Lv30/50%)
  • ステータス弱体耐性(最大Lv30/50%)

おすすめの効果 [編集]

攻撃力上昇と睡眠付与を伸ばしましょう。
ステータス弱体耐性は完全に防ぐには数値が低く、致命的な弱体も無いため上げなくても構いません。

イベント報酬 [編集]

交換所 [編集]

イベントステージ攻略で集まる「テイスティミート」を各種アイテムと交換できます。
交換はショップ内の「テイスティミート 交換所」から行えます。

なお前編(美味礼讃ノ魔宴・前編)時点ですでに追加されていた交換アイテムについては、以下の折り畳み内をご覧ください。

+  イベント前編から継続される交換アイテム
交換対象交換可能交換レート優先度備考
モグラ・マグラ(セール)1個1600個オーブ情報は後述
モグラ・マグラ1個3200個同上
[合]スポンジケーキ5個100個-素材詳細
[合]白銀の棍5個100個素材詳細
[合]真鍮のベル5個100個×素材詳細
[B]暗黒の脚5個200個ステージ8のボスドロップ(銅枠)
[B]インセクトの触角5個200個ステージ7のボスドロップ(銀枠)
[B]インセクトの牙4個300個ステージ7のボスドロップ(銀枠)/53のその他の敵ドロップ
[B]魔獣の鎖4個300個ステージ1のボスドロップ(銀枠)
[B]魔犬の拘束具3個400個ステージ1のボスドロップ(金枠)※手持ちに要求キャラが多ければ◎
[B]ハイドラの鱗4個300個ステージ4のボスドロップ(銀枠)
[B]魂狩りの爪3個400個ステージ18のボスドロップ(銅枠) ※前編の4個とは別枠
[B]魂狩りの角2個450個ステージ18のボスドロップ(銀枠)/35(銅枠)
[B]多頭獣の翼3個400個ステージ3のボスドロップ(金枠)※手持ちに要求キャラが多ければ◎
[B]暗黒神の骸2個400個ステージ8のボスドロップ(金枠)
[B]古代兵器の腕2個450個ステージ17のボスドロップ(銀枠)
[B]アバドンウェポン2個450個ステージ24のボスドロップ(銀枠)
[B]古代魔人の瞳2個500個ステージ17のボスドロップ(金枠)
[B]クルサソウル2個500個ステージ21のボスドロップ(金枠)
※今回の◎の中では優先度高め
[合]古廟の燭台2個500個素材詳細異界の香木×1を含む)
※今回の◎の中では優先度高め
[B]聖騎士の福音3個500個ステージ11のボスドロップ(金枠)
※今回の◎の中では優先度高め
[合]フルーツギフト2個500個素材詳細異界の香木×1を含む)
※今回の◎の中では優先度高め
[合]カエルドーナッツ2個500個素材詳細贋金虫の抜け殻×1を含む)
※今回の◎の中では優先度高め
[合]聖女のリース1個1000個素材詳細ゴールドオイル×1を含む)
[合]極楽テラケーキ1個1000個素材詳細ゴールドオイル×2を含む)

※優先度は「☆>◎>○>->△>×」ですが、あくまでも目安です(主に初心者向け)。とくに「-」は各プレイヤーの状況によるところが大きいです。

+  優先度に関する補足

※素材名の頭の[合]は合成して作る素材、[B]はボスドロップ素材であることを示します。

+  合成系素材の原料に関する補足

過去開催分 [編集]

+  初回開催時の交換報酬

イベント限定ミッション [編集]

イベント期間中のみ達成できるミッションとなります。

初期設定ミッション報酬備考
【クエスト】ステージ3のトレジャーを全て解放しよう攻略チケット×5
【クエスト】ステージ5のトレジャーを4つ解放しよう攻略チケット×5
イベント進行での追加ミッション報酬備考
【クエスト】EA-4をコンプリートしよう初回開催:スノウ・マジック×1(オリアス専用衣装)
復刻:攻略チケット・EV×1
【クエスト】EB-4をコンプリートしよう[B]審判のグローブ×1
【クエスト】EC-4をコンプリートしよう攻略チケット・EV×2
【クエスト】EX-3をコンプリートしよう攻略チケット・討伐×1
【バトル】モグラ・マグラを累計5体撃破しよう古い魔導書×10
【バトル】モグラ・マグラを累計10体撃破しよう幻の魔導書×5
【バトル】モグラ・マグラに攻撃で一度に5,000以上ダメージを与えよう古い魔導書×10
【バトル】モグラ・マグラに攻撃で一度に10,000以上ダメージを与えよう幻の魔導書×5
【バトル】暴走狂犬ラウムを累計5体撃破しよう攻略チケット×5
【バトル】暴走狂犬ラウムを累計10体撃破しよう攻略チケット・EV×1
【バトル】暴走狂犬ラウムに攻撃で一度に5,000以上ダメージを与えよう記憶の欠片×5
【バトル】暴走狂犬ラウムに攻撃で一度に10,000以上ダメージを与えよう[合]ハニーケーキ×1
【バトル】暴走狂犬ラウムに攻撃で一度に15,000以上ダメージを与えよう攻略チケット・討伐×1
【クエスト】EA-4をカウンターだけでクリアしよう攻略チケット・EV×1
【クエスト】EB-4をバーストだけでクリアしよう攻略チケット・EV×1
【クエスト】EC-4をラッシュだけでクリアしよう攻略チケット・EV×1

※イベント名部分の記述は省略

イベントステージ [編集]

交換アイテムの入手数 [編集]

強化回数は全レベルの合計-3。例えば13-7-5なら22回。
イベント効果ボーナスは端数切り捨て。HPボーナスは、編成人数に関わらず最大値は同じ。
最深部の数値を記載。

ステージ名ボス撃破イベント効果ボーナスパーティHPボーナス(全員100%時)
1ライヒ領森林地帯20強化回数×240
2追跡の街道25強化回数×2.550
3ラウムの掘穴30強化回数×360
4マグラの巣穴35強化回数×3.570
5混乱の領都40強化回数×480
EA猛攻の抜け穴60強化回数×6120
EB反撃の横穴65強化回数×6.5130
EC爆裂の大穴70強化回数×7140
EX美食への道のり80強化回数×8160

ドロップ一覧 [編集]

ドロップ情報の提供募集中です。
コメント欄に記載、もしくは各行右の編集ボタン(鉛筆マーク)から修正していただけると大変助かります。

ステージ選択画面において表示されるドロップ一覧をまとめたものです。

ステージ名ドロップ(敵)ドロップ(フィールド)
通常
1ライヒ領森林地帯神木の竿火口鉄、贖罪のリンゴ、グリーンセージ
2追跡の街道ヴァイガルドの焔無銘の剣、太古の埴輪、魔獣の骨
3ラウムの掘穴結晶石ハンターナイフ、ゴールドパウダー、水晶の原石
4マグラの巣穴ミレニアム銀ブロンズハンマー、モーリュの花、マジカルトリュフ
5混乱の領都焔の爪プラチナムスターバックラー、慰霊の願糸、地の穀物
EA猛攻の抜け穴覇王のエンブリオ幼ゴールドオイル太古の埴輪、禁断の呪具、魔力の濁り水、マジックオイル
EB反撃の横穴冥王のエンブリオ幼暗黒の脚寄生サボテン黄金郷の輝石、巨人族の金塊、ブラックボーン、黄金の羽根
EC爆裂の大穴魔王のエンブリオ幼焔の鱗焔の爪ブラックバウム神木の竿、ブロンズハンマー、日照り乞いの願糸、生命の穀物
EX美食への道のり鎮魂の白百合結晶石、バックラー、ビーズ草、ネクタルの実

※フィールド・雑魚・ボスのいずれのドロップか確認できないため、複数項目に?を表示しているところがあります。

その他のドロップ [編集]

※ドロップ一覧表にないもの(およびレアエネミー以外から)のドロップ

  • EA:テイスティミート×72(リーダーモグラ)
  • EB:テイスティミート×72(モグラ・マグラ)
  • EC:テイスティミート×72(暴走狂犬ラウム)
  • EX:記憶の欠片(オリアス)
  • EX:テイスティミート×72(オリアス)
  • EX:テイスティミート×120(ニスロク)

初クリア・全員生存報酬 [編集]

ステージ名初クリア報酬全員生存報酬
魔宝石その他攻略チケット
1ライヒ領森林地帯100個冷気のフォトン×40個4枚
2追跡の街道100個テイスティミート×100個4枚
3ラウムの掘穴100個テイスティミート×150個6枚
4マグラの巣穴100個テイスティミート×200個6枚
5混乱の領都100個モグラ・マグラ×1個6枚
EA猛攻の抜け穴100個テイスティミート×250個8枚
EB反撃の横穴100個テイスティミート×250個8枚
EC爆裂の大穴100個テイスティミート×250個8枚
EX美食への道のり100個モグラ・マグラ×1個10枚

イベント入手のオーブ [編集]

※ドロップステージの表記における「MQ」はメインクエスト、「EV」はイベントのステージを表しています。

モグラ・マグラ(SSR/カウンター/2ターン)

  • 特性(Lv1/Lv11):装備者のHPが[8%/18%]上昇する
  • 技(Lv1/Lv11):味方全体の状態異常を治癒する。さらに2ターンの間、最大HPの[10%/20%]以下のダメージを無効化する
  • 進化素材
    オーブドロップオーブドロップオーブドロップ
    ★2進化マッドランパート★2以上MQ-5カウンター★2以上-カウンター★2以上-
    ラッシュ★1以上-
    ★3進化モグラ・マグラ★2以上氷のジバル★2以上MQ-23カウンター★3以上-
    カウンター★2以上-ラッシュ★2以上-
  • 備考
    • CT2で状態異常治癒と、オーブでは初となる全体ダメージブロックを発動できる。
      効果自体はSRヘルヘブンのほうが高いが、列を揃えなくとも味方全体にかけられるのが強み。ついでに状態異常治癒で立て直しも図れる。
    • 特性は装備者のHPを上昇させるシンプルな物。レベルを上げれば、装備者へのダメージブロック効果を更に引き上げられる。
      盾役に持たせて役割を広げてもいいし、カイムME等でダメージブロックを強化して活用するのもアリ。
    • ★3進化には、進化させるものも含めモグラ・マグラが2つ必要。(入手方法は5-3・EX-3の初回クリア報酬が2個、交換所に2個)
      EX-3はかなり高難易度のチャレンジコンテンツだが、5-3初回クリア報酬と交換所分だけでも一つは★3進化可能。無理にクリアする必要はない。
      +  初回開催時の不具合について

難関ステージ攻略メモ [編集]

  • 耐性一覧表の見方・編集に関して
    • 無効:無効表記が確認された命中率(上限)。より高い命中率でも無効が確認されたら更新。
      • 例外として、耐性が最低でも1%あることが確認できた場合は、暫定的に無効1%とする。
    • 有効:成功/失敗が確認された命中率(下限)。より低い命中率でも成功/失敗が確認されたら更新。

テンプレート [編集]

どなたでも必要に応じて、下記のテンプレートをコピーして各ステージの項目を作成できます(項目作成・情報提供ともに大歓迎です)。
また本イベントの耐性一覧ページはこちら、有効な妨害手段についての編集ガイドラインはこちらです。

+  攻略メモ作成に関する補足
+  テンプレート

EC-4「暴走狂犬ラウム&アースワーム」 [編集]

  • 概要
    • 強力な覚醒スキル・奥義持ちのボスと、ステータス低下をしてくる取り巻き4体の組み合わせ。
      取り巻きは特性で自動蘇生を持つ。
  • 攻撃する際のポイント
    • まずはボスを集中攻撃して撃破したい。取り巻きは敵のフォトン分散のためにも残しておいた方が良い。
    • ボスはダメージが大きい奥義も怖いが、覚醒スキルの全体混乱も危険。
      予防手段などがないかぎりは、基本的には撃たせない方向で戦うことを考えた方が良い。
    • 覚醒減少が比較的入りやすいので積極的に使っていきたい。
      配布だとブネリーダーでゲージ減少量を増やすのも良い。
    • 育成が十分なら、高火力で速攻してしまうのも手。
      パイモン星5以上でのMEの獣特効も有効、スキルひとつで覚醒減少ができるのも適している。
      レラジェの特性・MEでも獣特効が可能。特性はダメージ2倍と非常に効果が大きい。
  • 防御・回復する際のポイント
    • そこまで痛いわけではないが取り巻きの攻撃が列のため、前衛は少なめにして被ダメを抑えると良い。
  • その他
    • ボスにはイベント効果の睡眠が無効?(オリアスC奥義+ムースで無効表記)
    • 耐性は若干あると思われるが、ボス・取り巻き共にめまいが入る。マルコシアスの列めまいなども有効。

有効な妨害手段

詳細な検証は折り畳みの「耐性一覧表」にまとめています(情報の提供・反映もそちらへ)。
特に有用と思われるもののみ表外に抜粋して紹介。

  • 暴走狂犬ラウム:覚醒減少、めまい
  • アースワーム:睡眠、めまい
  • 備考:
+  耐性一覧表

EX-1「ベスティア&偵察用マキーネ&アンモマキーネ」 [編集]

EXはとくにチャレンジコンテンツの意味合いが強く、EX-1から極端に難易度が上がるため注意。

  • 概要
    • バレットアーツを使った攻撃が特徴的な三体。
  • 攻撃する際のポイント
    • 3体とも種族は物体のため、グラシャラボラスの特効対象となる。
    • 防御力が高めのため、イベント効果の攻撃力を上げる、また防御無視があればなお良い。
    • 戦術にもよるが、基本的には倒すのはアンモマキーネからがおすすめ。
      • 高火力で速攻できる場合、アンモマキーネが覚醒スキル・奥義を使う前に倒せればBアーツ状態になるのを防止できる。
        Bアーツにならなければバレットは生成されないため、バレットの影響を考えずに戦うことが可能。
      • そこまで速攻できない場合でも、感電・ゾンビなど厄介なバレット役を潰してしまうのはメリットが大きい。
      • 偵察用がサポート役に近いため、残しておいてフォトンを分散させた方が戦いやすい。
      • ボスはHPも高くやや速攻しにくく、呪い反撃などのリスクもある。ワントップなら後回しでもそれほど危険はない。
  • 防御・回復する際のポイント
    • 敵はいずれも前衛狙い&ターゲットはされないのでワントップが非常に有効。ボスの列奥義対策にもなる。
    • ワントップに攻撃が集中して耐えきれない場合、回数バリアや無敵などを併用。
      もしくはガープ・グレモリーの奥義を使った上で、スキルを優先してこちらが取るようにすると良い。
    • ボス奥義の束縛でバリアやダメージ軽減ができないと一気に危険になるため、状態異常の治療手段があると安全。
      オーブならシルバートームで良いが、なければ今回入手のモグラ・マグラでも可(ただしこちらはCT2)。
  • その他
    • ボス・取り巻き共にイベント効果の睡眠は無効(耐性100%超)

有効な妨害手段

詳細な検証は折り畳みの「耐性一覧表」にまとめています(情報の提供・反映もそちらへ)。
特に有用と思われるもののみ表外に抜粋して紹介。

  • ベスティア:
  • 偵察用マキーネ:
  • アンモマキーネ:
  • 備考:
+  耐性一覧表

EX-2「暴走狂犬ラウム&ラウム」 [編集]

  • 概要
    • ラウムのメギド体とヴィータ体の組み合わせ。どちらも覚醒ゲージを増加させやすく、また連続攻撃も得意。
  • 攻撃する際のポイント
    • 倒すのはメギド体からがおすすめ
      • 特性で徐々に攻撃力が上がってしまうこともあるが、覚醒スキルの全体混乱が非常に強力なため
      • 種族が獣のため、種族特効を生かせば比較的速攻しやすい。
        パイモンME、レラジェの特性・MEなどで特効を付与できる。
    • 速攻が難しい場合は、非常に強力なイベント効果の睡眠付与に多めに振り直すのも手。
      手数の多いキャラ(例:専用霊宝ウェパル)や、列攻撃キャラ(例:ブネ)で睡眠チャンスを増やす。
      攻撃力に振る分が減ると火力は下がるが、固定ダメージや点穴などの攻撃力を参照しない技を軸にしても良い。
      ※ただし睡眠耐性は80%とかなり高めのため、実際の付与率はイベント効果の表記よりかなり低くなる。アクィエルオリアスCで耐性分は中和可能
  • 防御・回復する際のポイント
    • 両者ともにトルーパーかつ連続攻撃も多いので、クラス補正が乗ってしまう後衛で受けるのはできれば避けたい。
      強化解除はないため、盾役でしっかりとかばうか、前列パーティでターゲットを散らすなどが定番。
    • 強力な攻撃の多くが連続攻撃のため、無敵や、2回以上の回数バリアなどを活用してダメージを減らしたい。
      各種ダメージ軽減と、ダメージブロックの組み合わせも有効。
    • メギド体の覚醒スキルは(混乱部分が全体判定のためか)単体即死についてはかばうを無視する模様。
      逆手にとって、ワンボトムに即死耐性のあるアビシニアンやレイジファントムを装備すれば確率でだが回避も可能。
      • ユフィールやサキュバスBの状態変化耐性でももちろん可。列を揃えていれば混乱対策にもなる。
        敵のゲージ増加ペースが早いため、CT2の古の狂竜はやや扱いづらいか。
  • その他
    • ステータス低下系の技はないため、イベント効果の弱体耐性はリセットして他に振り直すと良い
    • メギド体は奥義最優先ではなく、場にアタックがあっても覚醒スキルを優先して来ることも多いので注意
      • フォトン運や敵のフォトンドリブンにもよるが、覚醒スキルを撃たせたくない場合ヴィータ体のスキルを使わせて奥義を暴発させるといったことも一応可能

有効な妨害手段

詳細な検証は折り畳みの「耐性一覧表」にまとめています(情報の提供・反映もそちらへ)。
特に有用と思われるもののみ表外に抜粋して紹介。

  • 暴走狂犬ラウム:睡眠(耐性80%)
  • ラウム:睡眠(耐性80%)
  • 備考:
+  耐性一覧表

EX-3「ニスロク&オリアス&ラウム」 [編集]

  • 概要
    • イベント前後編で初登場やリジェネレイトした三人。
      非常に攻撃力の高いアタッカーであるニスロク、盾役となるラウム、サポート兼サブアタッカーのオリアスという組み合わせ。
    • EX-2までと比べても飛び抜けて難易度が高い。基本的に上級者向けと考えて良い。
  • 攻撃する際のポイント
    • アタッカーであるニスロクを優先して撃破したい。幸い、ニスロクのHPは5万程度とやや低め。
      ただし、ラウムのスキルでかばわれてしまうため、その対策も必要となる。
      • ただし、バリアや運は絡むが睡眠でニスロクをほぼ無力化する場合なら、オリアスから倒すケースでの報告もあり。
    • かばう対策
      • 手軽なのは束縛。ラウム以外も含めて非常に入りやすく、敵のステータス上昇なども防げる。
        スキル一つで手軽に使えること、特性でターン延長もあることからカスピエルなどがとくに適任か。
        +  束縛の手段一覧
      • 列・全体攻撃(列化・全体化含む)を使っての攻撃でも可。
        ただし列化・全体化はオーブでとなると時間がかかるので、フォラスやアンドラスCが欲しいところか。
      • 強化解除も有効。ただしスキル一つでかばいなおされるため、決め手となる攻撃の直前などに合わせるのが良い。
        場合によってはオリアスのリザーブ解除にもなる。
        +  強化解除の手段一覧
    • 攻撃手段について
      • ニスロクはまだ抑えめだが、他2体はかなり防御力が高い。イベント効果の攻撃力上昇を加味しても、連撃系はやや相性が悪い。
      • 高倍率奥義、防御無視、点穴、固定ダメージなど、防御力に影響されにくい手段がおすすめ。
      • 手数が多いぶん睡眠チャンスも増えるという面から協奏なども良い。
    • 高倍率奥義などは氷結の影響を受けやすいので、敵オリアスのスキルには注意すること。
      奥義発動のアタックをオーブで追加するなどすれば多少はターゲットを逸らしやすいかもしれない。
    • ニスロク撃破後はオリアスを狙うのが良いと思われる。グラディエーターが厄介なほか、ラウムは中途半端に削ると覚醒スキルのダメージが上がってしまう。
  • 防御・回復する際のポイント
    • ニスロクは火力が非常に高いが、1回攻撃のため回数バリアが有効。ボティスがいれば非常に適している。
      もしくはアムドゥスキアスや、シェルドレイク装備ナベリウスなどで盾役にバリアを張るのも良い。3T目以降ならケイブキーパーの無敵も。
      +  回数バリアの手段一覧
    • 氷結地形にすることでも攻撃力を25%と大きく下げられる。前編で加入したオリアスCが育成できていればおすすめ。
    • 敵火力が高いため、どうしても事故が起こりやすい。できれば蘇生手段を持ち込むと安全。
    • オリアスの覚醒スキルでめまい・呪い、グラディエーターで感電と、どのフォトンも使えなくなる可能性が常にある。
      枠に余裕があるのなら、状態異常治療・状態変化耐性手段があるとなお良い。
      +  状態異常治癒の手段一覧
      +  状態変化耐性の手段一覧
  • その他
    • 上記以外にも、錬ボム、怒闘、ゾンビ化&ジニマル奥義、アクィエル&睡眠…等々、クリア報告は多様なものがある。
      クリア編成報告フォームなども要参照。

有効な妨害手段

詳細な検証は折り畳みの「耐性一覧表」にまとめています(情報の提供・反映もそちらへ)。
特に有用と思われるもののみ表外に抜粋して紹介。

  • ニスロク:束縛、睡眠(耐性はあり)
  • オリアス:束縛
  • ラウム:束縛、睡眠(耐性はあり)
  • 備考
    • 検証によるとニスロク、ラウムの睡眠耐性はおそらく70%。
      イベント効果を最大(発動率50%・付与率は常に100%)まで上げると、0.5*(1-0.7)=0.15で15%の確率で入る計算。
    • オリアスはオーブグラディエーターの効果で睡眠耐性が上がっている(70+80=150%耐性)ためアクィエルで付与率を上げない限りイベント効果の睡眠は通らない。
+  耐性一覧表

コメントフォーム [編集]

クリア編成報告用フォーム [編集]

クリア編成報告(パーティ全員のキャラ・オーブ情報を含むコメント)の際にご利用ください。

+  クリア編成報告用フォームを開く

攻略情報フォーム [編集]

攻略やドロップ等の情報提供、ページ編集の報告・連絡・相談の際にご利用ください。
各攻略メモ内の「耐性一覧表」編集が難しい場合は、(表で未検証の)耐性に関する情報提供もこちらのフォームから行えます。
※上記と直接関連しない話題については、後述の「その他のコメント用フォーム」へお願いいたします。

+  攻略情報フォームを開く

その他のコメント用フォーム [編集]

各種の意見交換・雑談(本イベントの話題から逸脱しない範囲)の際にご利用ください。
※2019/7/25より

+  その他のコメント用フォームを開く

*1  攻撃時
*2  反撃時
*3  星5時
*4  50%

添付ファイル: fileevent20191211.png 36件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-10-16 (金) 17:04:20 (43d)