通常版ベヒモス(ラッシュ)のページです。リジェネレイト体はベヒモス(バースト)をご覧ください。

基本情報 [編集]

各種データ [編集]

「あんたがブッ倒れるまで、
   オレの快進撃は止まんねぇぞ!」

イラスト(星3)3D(勝利)3D(アジト)
behemoth_3star.pngbehemoth_win_3star.pngbehemoth_ajito_3star.png
+  イラスト(星4)
+  イラスト(星6)
+  3D(勝利・星6)
+  3D(アジト・星6)
メギドNo.スタイルクラス覚醒ゲージ性別CV
真-057ラッシュファイター3男性松岡 禎丞
通常攻撃回数汎用特性加入手段
ヴィータ形態時:1回(倍率1倍)
獣形態時:6回(倍率0.65倍)
召喚(サバト時限定)※

※チュートリアルの引き直し10連、およびメギド確定召喚では排出対象外

ステータス [編集]

HP攻撃力防御力素早さ
星16011303149
星3207146294168
星674501350273499

※アジトでのステータス表記上の数値であり、戦闘開始後の特性による変化は反映されていません。

能力 [編集]

特性 [編集]

名称詳細
特性野生本能獣形態のとき、行動開始時、自身にアタックが追加される

スキル [編集]

ヴィータ形態時 [編集]

名称Lv詳細
スキル疾風迅雷-敵単体に攻撃力0.7倍の3連続ダメージ。さらに獣形態にシフトし、アタック、スキル、覚醒スキルの効果が変化する
スキル+疾風迅雷+-敵単体に攻撃力0.8倍の3連続ダメージ。さらに獣形態にシフトし、アタック、スキル、覚醒スキルの効果が変化する
  • スキル強化
    • 効能:
    • 威力:1.5倍
  • 列化・全体化
    • 効能:攻撃対象のみ拡大可能

獣形態時 [編集]

名称Lv詳細
スキル七転八起-敵単体に攻撃力0.7倍の3連続ダメージ。さらにヴィータ形態にシフトし、アタック、スキル、覚醒スキルの効果が変化する
スキル+七転八起+-敵単体に攻撃力0.8倍の3連続ダメージ。さらにヴィータ形態にシフトし、アタック、スキル、覚醒スキルの効果が変化する
  • スキル強化
    • 効能:
    • 威力:1.5倍
  • 列化・全体化
    • 効能:攻撃対象のみ拡大可能

覚醒スキル [編集]

ヴィータ形態時 [編集]

名称Lv詳細
覚醒スキル大声疾呼-2ターンの間、自身の攻撃力を30%上昇させさらに、ターン終了時にHPが15%回復する
覚醒スキル+大声疾呼+-2ターンの間、自身の攻撃力を40%上昇させさらに、ターン終了時にHPが20%回復する
  • スキル強化
    • 効能:継続ターン・攻撃力バフ・自然回復の数値が1.5倍
    • 威力:
  • 列化・全体化
    • 効能:自己強化なので不可

獣形態時 [編集]

名称Lv詳細
覚醒スキル豺狼咆哮-2ターンの間、自身の攻撃にLv×5の固定追加ダメージを付与する。さらにアタックフォトンを1つ追加する
覚醒スキル+豺狼咆哮+-2ターンの間、自身の攻撃にLv×10の固定追加ダメージを付与する。さらにアタックフォトンを1つ追加する
  • スキル強化
    • 効能:継続ターン・固定ダメージの数値が1.5倍
    • 威力:
  • 列化・全体化
    • 効能:自己強化なので不可

奥義 [編集]

名称Lv詳細
奥義迅狼轟襲爪-敵単体に攻撃力1.15倍の4連続ダメージ。さらに自身にスキルフォトンを1つ追加する
奥義+迅狼轟襲爪+-敵単体に攻撃力1.2倍の4連続ダメージ。さらに自身にスキルフォトンを1つ追加する

※LvはスキルLvを示すもので奥義Lvではないので注意。奥義Lvはいずれも1の時点のデータ。

  • 奥義レベルアップ
    • 性能:Lv1アップにつき、威力が0.0125倍ずつ増加。
  • アタック強化
    • 効能:
    • 威力:
  • 列化・全体化
    • 効能:

マスエフェクト [編集]

「迅狼」
【戦闘開始時、覚醒ゲージ増加】【連続ダメージ上昇】が特徴の攻撃型の効果

枠1枠2枠3(リーダー)枠4枠5
条件1ラッシュラッシュ-ラッシュラッシュ
効果戦闘開始時、覚醒ゲージが+1される戦闘開始時、覚醒ゲージが+1される覚醒に必要なゲージを+1する戦闘開始時、覚醒ゲージが+1される戦闘開始時、覚醒ゲージが+1される
条件2ラッシュ+ファイターラッシュ+スナイパー-ラッシュ+スナイパーラッシュ+ファイター
効果連続攻撃のダメージが15%上昇するHPが15%上昇する連続攻撃のダメージが15%上昇するHPが15%上昇する連続攻撃のダメージが15%上昇する

人物 [編集]

召喚時キャッチコピー [編集]

雷光の如き連撃と獣の力で 敵を切り刻むインファイター

プロフィール [編集]

生まれ持った圧倒的な力を自負する、孤高のメギド。
普段は気が抜けているが、戦いになると熱くなり、好戦的な一面が露わになる。
彼は仲間という存在を知るまで、誰とも群れず、戦いの中で生きてきた。
他人との関わりを知っても尚、彼は自分の直感と欲望に忠実に動いており、
ソロモンの名を「ピカリン」と摩訶不思議な名で呼ぶのも彼の感性ゆえ。

キャラストーリー [編集]

  • 全10話
+  ネタバレあり

ボイス・台詞 [編集]

+  ボイス一覧(プロフィール画面)
+  その他のボイス・台詞一覧
+  新規フィールド台詞 ※プロフィール画面未掲載
  • 2020/1/30に新規フィールド台詞用の折り畳み表を追加しました。一部は砂場(データ置き場)にもまとめられてます。
    +  補足

戦闘において [編集]

主な活用法 [編集]

ヴィータ形態と獣形態を切り替える(シフト)スキルが特徴的な連撃アタッカーです。
基本的には獣形態を維持して戦う事になります。

ヴィータ
通常0.65×61×1
スキル3連続ダメ+シフト
覚醒スキル固定追加ダメ
アタック追加
攻撃力上昇
自然回復
奥義4連続ダメ+スキル追加
特性行動開始時にアタック追加なし

獣形態の時はアタックが6連撃に変化し、特性で行動開始時にアタック追加まで行われるため、固定追加ダメージを付与して放っておくだけでも仕事をしてくれます。
アタックフォトンが攻撃の主体なため、スキルフォトンを他のメギドに回しやすいのも長所です。

覚醒スキルは形態ごとに異なる自己強化を行います。
ヴィータ形態時では数値の大きい攻撃力バフと自然回復、獣形態時では固定追加ダメージ付与とアタック追加を行い、共に自身の攻撃性能を大きく引き上げてくれます。

奥義にはスキル追加が付いているため、実質的に獣形態維持のリミットとして機能しています(ヴィータ形態でスキルフォトンが出なかった時のシフト手段でもある)。
重要なのは、奥義の発動自体ではシフトしないという点です。
そこで、獣形態・覚醒状態でアタック・チャージと積んで開始する事で、奥義→チャージ→アタック(特性で追加)→覚醒スキル(奥義で追加)→アタック(覚醒スキルで追加)と動き、獣形態・固定追加ダメージ状態を維持したまま毎ターン合計16回攻撃できます。
たった2フォトンで自己強化しつつ16回攻撃できるのは破格で、ぜひ目指したい動きです。

+  行動詳細

チャージ追加を行う水獣ソーサラー(N)と、アタック追加を行ういたちブラスター(N)をベヒモスの行動前に使うことで、
奥義(特性で追加)→チャージ(水獣ソーサラーで追加)→アタック(いたちブラスターで追加)→覚醒スキル(奥義で追加)→アタック(覚醒スキルで追加)という同様の動きがフォトンに依らずに行えます。
オーブ使用ターン数を縮めるフォラスナベリウスであれば毎ターンこれらのオーブをベヒモスに先んじて使うことができるため、フォトンの湧きに関係なく毎ターン安定して16回攻撃を行えるようになります

+  行動詳細

マスエフェクトには覚醒に必要なゲージを+1する(ゲージ4になる)という効果があります。
これはミスでも欠点でもなく、獣形態でいられる期間が長くなるという事です。
他では補えない効果なので、アタック連打で戦う際はぜひリーダーにしたい所です。
反面、上記のような動きを取れなくなります(アタック・チャージ・チャージと積まなくてはならず、10回攻撃に減ってしまう)。
他の味方は初期覚醒+1の効果で加速でき、リーダーとしても強力です。

高い攻撃力を持ち、単独でも完結した性能のため大抵の編成に組み込めますし、支援してやればさらに強くなる優秀なアタッカーです。

注意点 [編集]

高防御やダメージブロックを使用する相手の他に、めまいの状態異常が天敵です。
PvPにおいては高防御の盾役で、めまい反撃を持つガープには特に注意しましょう。
めまいを使用する相手には、予防・解除手段を用意したい所です。

獣形態へのシフトを封じる感電も厄介ですが、獣形態になってから受けられればヴィータ形態へのシフトを無効化できる、という使い方もあります(狙って行うのは難しいですが)。

相手が動く前に倒すには少し低い素早さなので、これらの状態異常に限らず先手を取りたい戦闘ではゼパルのような足の速いメギドに任せましょう。
低めの素早さは、先にバフをかけやすいというメリットにもなっています。
獣形態でのアタックの性能が目立ちますが、シフト目的で使われるスキルも威力が低いわけではないので、1巡目にバフをかける意味は十分にあります。

おすすめ編成 [編集]

相性の良いキャラクター [編集]

6連撃の通常攻撃が主力となるため、獣形態の維持ができる特殊状態付与、固定追加ダメージおよびアタック強化役との相性が良いです。

  • 特殊状態による獣形態の維持
  • アマゼロト
    奥義による封印状態が獣形態をキープしたい場合の後押しになります。
    さらにアマゼロトのマスエフェクトを踏ませることで、奥義効果中かつ獣形態であれば毎ターン2個のアタックフォトンが追加されるため、アタック強化の効果も相まって大暴れしてくれます。味方に他のフォトンを回しやすくなるのも利点です。
    アマゼロトを軸として編成を組む場合は鉄板の組み合わせの一つとなるでしょう。
  • ジズR
    奥義による暴奏状態で獣形態をキープしながら高いバフを受けることができます。
    暴奏状態によりフォトン容量が+1され奥義、スキルフォトンによる行動がすべてアタックになるため獣形態ならチャージ以外のフォトンを3つ積むだけで24回攻撃が可能です。
    素の状態だとジズのほうが素早さが高く獣形態になる前に暴走状態になってしまうためオーブか霊宝で素早さを調整しましょう。
    上記のアマゼロトと比べアタック強化を付与する場合、大協奏まで音符をためるかアタック強化が可能なメギドを用意する必要がありますが、ジズRがリーダーの場合覚醒状態で戦闘を開始できるためアタック、スキルフォトンがあれば1ターン目から獣形態かつ暴奏状態になれる安定性があります。
  • 固定追加ダメージ
    • アスタロト
      固定追加ダメージを担うメギドの1人で、スキル1つで発生させられる手軽さが特徴です。
      ただし素早さはベヒモスより低いため、シェルドレイク(R)などで補填すると良いでしょう。
      また、ベヒモスのMEを踏むことで戦闘開始時覚醒ゲージ+1と連続ダメージ上昇を得ることができ、列2連撃+凍結の奥義がより強力になります。
      ベヒモスの動きを止められた場合のもう一つの勝ち筋として考えておくのも悪くないでしょう。
  • アンドレアルフス
    こちらは奥義で列ダメージ軽減+固定追加ダメージを発生させます。
    持続が3ターンと長く、耐久面のサポートもできるため強力です。
  • ウァレフォル
    覚醒スキルで味方全体に固定追加ダメージを発生させます。
    ターゲッティングの必要がないため、ベヒモスを強化しつつ他(特に後列)へのサポートも同時に行いたい場合などに有用です。
  • アタック強化
    • リリム(ラッシュ)
      スキルによるアタック強化と覚醒スキルによる固定追加ダメージを扱うことができるサポーターです。
      それぞれ敵への防御力低下と列強化解除が付随します。
      ベヒモスの主力となる通常攻撃は倍率が低いため、防御力の影響を如実に受けます。
      敵の防御力が703以上なら、フォラスによる攻撃力20%上昇よりもリリム(ラッシュ)による防御力25%低下の方が火力が増すことになります。
      覚醒スキルはベヒモスの天敵たる防御力上昇やダメージブロック、盾役のかばうなどを消しつつ攻勢に転じることができるため強力です。
      ゲージ4と多少重いもののベヒモスのMEでのサポートが可能で、また同時に低めのHPも補えるため相性が良いです。
  • バフ、デバフによる補助
    • フルカスダンタリオン
      ベヒモスの主力は倍率の低い連撃のため、これらの大幅な防御力低下や攻撃力上昇でダメージが跳ね上がります。
      バーストの奥義のためそう気軽には撃てませんが、下準備を整える余裕のある戦いなら検討してみても良いでしょう。
  • ムルムル
    覚醒スキルでフォトン容量上昇+攻撃力上昇を発生させます。
    特性によるアタック追加もあり、ベヒモスは多数のアタックフォトンを一度に積まれることが多く、溢れさせないために有用です。
  • オセアガリアレプト(ラッシュ)
    ラッシュファイターの素早さを30%上昇させるMEを持ちます。
    ベヒモスのあまり高くない素早さを補えるほか、アスタロトなど固定追加ダメージ役の素早さも同時に上げてくれるため速くなりすぎることもありません。
    リリム(ラッシュ)はスナイパーのため素早さは上がりませんが、素早さが30%上昇したベヒモスよりも高い素早さを持っているため問題ありません。
  • イポス
    ベヒモスは通常攻撃が主力となるため、イポスのスキルを使えば追撃によるダメージを稼ぎやすいです。
+  既存案

相性の良いオーブ [編集]

補助『技』
  • いたちブラスター(N)・アサルトボックス(SR)などのアタック追加系オーブ
    フォトン事故防止や単純に手数を増やすのに有効です。
    他者に持たせてサポートしてもらうとよいでしょう。
    追加タイミングによっては奥義→スキルでヴィータ形態に戻ったままアタックしてしまい、性能を引き出せなくなる事に注意が必要です。
  • トリックマスター(R)、炎竜人(SSR)などの固定追加ダメージ付与オーブ
    オーブによる固定追加ダメージ付与はLv×5が最高でフォトン強化もできず、重複もしません。
    しかし、固定ダメージ付与ユニットがいない場合には有効です。
  • エクスプローラー(R)
    オーブによるアタック強化が可能です。
    フォトンを選ばずアタック強化が可能なためアタック強化付与できるメギドがいる場合でも有用です。
  • クラッシュワーム(N)
    攻撃力を2Tの間35%~45%上昇させます。
    自己強化のため、回復や支援時にターゲットの邪魔をしないのも嬉しい点です。
    手軽に最高クラスの倍率を受けられる反面、反動で自身が最大HPの15%ダメージを受けるので注意が必要でしょう。
  • ソレント(SSR)
    めまい耐性オーブであり、アタック追加+アタック強化の技を持ちます。
    下記の轟迅狼ベヒモスほどの爆発力はありませんが、フォトン事故防止やパーティー枠削減には有用です。
補助『特性』
  • インサニティ(SSR)、アルルカン(SSR)、黒躰インキュバス(SSR)
    3つとも連続ダメージ上昇の特性を持ち、ベヒモスの火力を高めてくれます。
    インサニティはイベント入手のためガチャに関係なく使用できます。
    アルルカンはフォトン変化+スキル強化によって覚醒スキルの固定追加ダメージを強化できます。
    黒躰インキュバスはそこそこの威力の攻撃に加えてLv×5の固定追加ダメージを自身に付与できます。

主な活用法にある獣形態を維持する方法を実行する場合、ベヒモス自身はオーブを使用する暇がないので、
特効オーブや上述のインサニティなど、特性目当てのみでオーブを選ぶのも良いでしょう。

攻撃
  • リャナンシィ(SSR)・赤月の残党兵長(R)・アグリーデビル(N)・火のザウラク(R)などの攻撃系オーブ
    攻撃力が高いため高いダメージが期待できます。ベヒモスは自身に固定追加ダメージ状態を付与できるので、連撃系の攻撃オーブとの相性が良いです。
    アグリーデビルや火のザウラクは自身にアタックを追加するため、通常攻撃が強力なベヒモスとは殊更好相性です。
    リャナンシィ(イベント限定)は連撃系の攻撃オーブではありませんが、間隔が1ターンで自身へのアタック追加効果に加え、特性での単体ダメージ上昇効果があるためこちらも好相性です。
ループ
  • 轟迅狼ベヒモス(SSR)
    ※2Tごと
    召喚SSRのため入手は難しいですが、ベヒモスと高い親和性があります。
    弱点を補うめまい耐性の他、積んだフォトンをアタックに変化することができるため、奥義後でも獣形態の維持がしやすくなります。
    覚醒状態の獣であれば、アタックフォトン1個(奥義用)と適当なフォトン1個(オーブ用)で、獣状態を維持したまま計22連撃と再覚醒が可能です。
    主な活用法に書かれているループと違い途中で覚醒スキルを挟まないので、固定ダメージは別なところから付与する必要があります。
    +  行動詳細
  • 奏響ヨハネス(SSR)
    ※2Tごと
    主な活用法に書かれているループをフォトン1個で行うことができます。
    クールタイムが2Tあるため安定性に欠きますが、ナベリウスとフォラスがいない場合のループを維持しやすくなります。
    ループ条件を満たすため常に覚醒状態を維持していたいベヒモスにとっては、特性の覚醒減少耐性(80-90%)との相性も良好です。
    ただしナベリウスとフォラスがいる場合は、覚醒減少耐性の必要がない限り特攻などの火力特性オーブを優先した方がよいでしょう。
    +  行動詳細

相性の良い霊宝 [編集]

連撃アタッカーという事で、ハートブローチ×4が鉄板です。
ナベリウスに先行したい場合はエベーヌフェイスか金のアマルティアを1つ渡しましょう。

イベント・共襲など、攻撃力が強烈に上昇している環境では相対的にダメージ補正系の方が有効です。
普段使いでも、攻撃力バフが十分にかかるなら攻撃力上昇値・ダメージ補正特性を重視し「銀のティモリア」「紺碧の魔塔ドーム」を渡しましょう。

イベント「師の想い、弟子の想い」で入手できる「アシストスープ」は、匣の大きさは大ですが、連続ダメージ5%上昇で、非常に相性が良くおすすめです。

編集時の注意点

コメントフォーム [編集]

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 引けたからオート用のラッシュパに入れたんだけど驚くほどフォトンが回ってこない。スキル一個であとはアタック自動湧きだから相性いいと思ったんだが残念 -- {OMHWOt/EWFc} 2019-11-26 (火) 14:48:26
    • 基本的にアタックフォトン、スキルフォトンでダメージが一番高いやつか覚醒減少スキルに振られる傾向あるので、ベヒモススキルが一番ダメージ出るようにするとわりふってくれるけど、スキルスキルってわり振られてシフトしてもまたシフトしちゃう
      ベヒモスのオート運用はME以外だめだめ -- {WuFWVqIG72I} 2019-11-27 (水) 14:08:42
      • 自分の編成はパイモンリーダーでベヒモスアモンRウェパルRナベ(赤月)なんですが、アモンウェパルに確定でスキルかアタック、時々パイモン最後らへんにナベリウスの赤月がおおいです
        何を優先してるのかよくわかりませんね -- {OMHWOt/EWFc} 2019-11-29 (金) 00:49:55
  • ざっくり計算で間違ってるかもだけど、アタック強化、相手の防御が300~700ぐらいだとハートブローチ4個より金のアマルティア1個付けた方がダメージ出る?コスパまで考えるとブローチ4が鉄板なんだろうけど -- {WU5YGAowWQo} 2019-11-27 (水) 19:29:20
    • 特攻があるかどうかにも左右されそうだけど、アマルティア装備したらアビスハンター相手にアタック一撃100ちょい増えたから固定分より多いかも…まぁ誤差といえば誤差かな?ナベに先行したいから、うちのベヒモスはアマルティア入りで完成にした -- {ma0DoeSetl6} 2019-11-27 (水) 19:38:16
      • 追記。猛撃アスタ+ハート3アマルティア1ベヒモス(死者特攻オーブ)+ナベいたちで、毒と煉獄の試練のアビスハンター1ターンキル出来る。エベーヌフェイスだとミリ残して倒せなかったからアマルティア作った -- {ma0DoeSetl6} 2019-11-27 (水) 19:43:42
      • ふと思いついて衝動的に計算して書き込んだけど、冷静に見るとほぼ誤差の範囲だね…。火力維持しつつナベリウス抜けるって点では意味はあるか -- {WU5YGAowWQo} 2019-11-27 (水) 20:14:51
  • イヌヌワン! -- {qh.s3dRall2} 2020-01-02 (木) 15:44:41
    • そこになんの違いもありゃしねぇだろうが! -- {fTc46lyPCWE} 2020-01-03 (金) 14:05:43
    • ほっぺすりすりするベヒモスって…いいな… -- {D3hBZHt1.rY} 2020-01-15 (水) 11:26:13
  • ズボンにこだわり持ちすぎだろ -- {pW9.aTAejNg} 2020-01-12 (日) 07:49:15
  • アマゼロト来てから更に強くなったわんわん -- {yO/OtJu.8ys} 2020-04-20 (月) 03:22:06
    • おすすめユニットに書いておきました -- {9TlaGiFdnSI} 2020-05-03 (日) 17:11:50
  • サバトで引けたから試しに強襲で思っていた以上に強くて変な笑いが出た。アマゼロトと組ませていたからかもだけど。 -- {FDq6Nd6t7V6} 2020-05-09 (土) 00:35:16
  • 共襲で初めて使ったんでゴシックかアルターで悩んでたけど、共襲のダメージが異常なだけで普通に考えれば確かにブローチが鉄板だわな… -- {uXC0bY3Ud3w} 2020-05-16 (土) 16:08:05
  • スキル追加のせいで癖あるねえ。覚醒スキルでループに先人の工夫が見えるわ -- {onztZaegRR2} 2020-06-15 (月) 04:46:46
    • まあ今はアマゼロト等に全体封印張ってもらうだけでやりたい放題出来るので素直なワンワンですよ -- {l.myICzjEHE} 2020-09-03 (木) 14:38:59
    • そう言えば暴奏でも奥義封じれるんだな 単体攻撃だから協奏自体と相性がいいわけじゃないけど、ジズと相性良く戦えるのは良き -- {CpIsvQWCDa6} 2020-09-03 (木) 15:22:46
  • ケモノ状態の声が負傷伊之助にしか聞こえなくて毎回フフってなる -- {lEqN.8PWXho} 2020-09-03 (木) 09:49:38
  • 暴奏状態のジズと相性が良さそうなので期待。ジズに先行してスキル取る必要があるけど、素早さも霊宝で調整可能な範囲だ。封印といい、奥義不可のタクソが出る度に実質強化されるワンコ。 -- {38UlndI3NEs} 2020-09-09 (水) 17:36:34
    • 暴奏ベヒモス、インサニティ持たせたいな。連撃ダメージ22%アップしつつオーブ使用で湧いたスキル2つで何故かアタックできる -- {QX97eckyx3A} 2020-09-09 (水) 18:21:48
    • 暴奏ベヒモスはちゃめちゃな火力を出せるけどワントップになりがちだから耐久面が心配。盾役配置するのがいいんだろうけど誰が適役だろう -- {ywadbkXn1Cw} 2020-09-11 (金) 03:28:49
      • 暴奏中スキルのかばうが使えないからリブラ持たせたサブナックとか、後列だけどHP一定以下の味方に対して特性でかばう発動するアリトンとかその辺りかね -- {D7pgNnMqXdo} 2020-09-11 (金) 07:28:04
      • 扇とかテツマリとかで吸収するのはどうだろう、範囲のビフロンスほどではないけどかなり吸えるはず -- {CpIsvQWCDa6} 2020-09-11 (金) 08:20:12
      • ベヒモス編成だとナベリウスが前衛にいる。場合によってはアスラフィルもおけるし盾に割く枠もあるっぽいね -- {qEDJksnO95s} 2020-09-11 (金) 10:30:35
      • 暴奏って協奏のバリエーションのひとつだから音符稼がなきゃって思ってたんですが音符稼いでもレッドウィング分ぐらいしか攻撃力上昇しないから暴走付与できるRジズ一人で十分なんですね。
        アマゼロトと比べると始動の覚醒補助が必要ないからのフォトン運に左右されにくくて、編成自由度も高いから共襲でオススメいれやすそうなところもいいですね -- {ywadbkXn1Cw} 2020-09-12 (土) 14:06:53
投稿にはガイドライン(詳細)への同意が必要です。
問題のある投稿への返信・反応は避け、禁止事項に触れるものはこちらの対応をお願いします。
お名前:
このコメントは、他の人が読んで嫌な気持ちにならないように気をつけています

添付ファイル: filebehemoth_ajito_6star.png 991件 [詳細] filebehemoth_ajito_3star.png 2323件 [詳細] filebehemoth_win_6star.png 971件 [詳細] filebehemoth_win_3star.png 2685件 [詳細] filebehemoth_6star.png 2198件 [詳細] filebehemoth_4star.png 1513件 [詳細] filebehemoth_3star.png 3512件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-09-18 (金) 08:45:11 (32d)