このページについて [編集]

戦闘中の要素に関して「状態異常」「強化」「弱体」「特殊状態」は以下のページにそれぞれまとめています。

ただし、このほかにも上記に分類されない特殊な要素が存在するため、このページではそれらを取り扱います。

地形効果 [編集]

スキル・奥義・オーブ等によって発生します。
また、飛行特性持ちにはダメージと追加効果は全て無効化されます
意外な敵が飛行特性を持っていることもあるので、地形を戦術に組み込む際は確認が必要です。

一方、隠し特性として飛行特性を持つメギドもおり、彼らも同様に地形効果の影響を受けずに戦う事ができます。

+  飛行・地形無効の手段一覧

地形効果の一覧 [編集]

地形効果詳細
炎上毎ターン最後に火ダメージ
※他の地形効果よりもダメージ倍率が高め
滞水毎ターン最後にダメージ
雷攻撃のダメージが2倍になる
突風毎ターン最後にダメージ
火攻撃のダメージが2倍になる
地割れ毎ターン最後にダメージ
防御力を50%低下させる
破断攻撃のダメージが上昇する
氷結毎ターン最後にダメージ
攻撃力を25%低下させる
帯電毎ターン最後に雷ダメージ
50%の確率で感電させる
浸食フォトンによる行動が終了した時ダメージ
※オーブは対象外
海魔の加護毎ターン最後にHPを30%回復
ダメージ20%軽減・火ダメージ80%軽減

※各地形効果によるダメージは、その地形が発生した時の発生させたキャラの攻撃力依存ダメージとなります。敵の防御力は関係ありません。

  • 攻撃力上昇バフは効果がありますが、地形発生時の攻撃力を参照するため発生後に攻撃力を上昇(あるいは低下)させても意味がありません。
  • アタック・スキル強化は効果がありません(持続ターンも伸びない)。同時に劣化フォトンによる影響も受けません。
  • ダメージブロック・回数バリア・無敵などでは防げません。
  • ダメージ軽減を無視します。
  • オーブ特性:地形ダメージ上昇は乗算で計算されます。
    +  検証より転載
  • 帯電・炎上地形に雷&火ダメージ上昇ME・霊宝特性・系譜は乗らない。現在(2020年4月)地形ダメージに補正をかけられるのは、地形ダメージ上昇のMEやオーブのみだと思われる。

地形の上書き [編集]

地形効果は、効果範囲が同じか大きい場合に上書きされます。
列範囲であれば単体の、全体範囲であれば列・単体の地形効果に上書きされません。
広い地形効果を維持したまま、単体の雷・火ダメージを連打するということも可能です。
例:シトリーのスキルを、列滞水で威力を上げたまま連発する

なお敵が1体だけであっても、先に列の地形効果が付与されていると、単体の地形効果で上書きはされません。(ver1.9時点で確認済み)

また、地形付与の効果がある攻撃を列化や全体化で範囲拡大した場合、地形自体の大きさは変わりません。
例えば元々列範囲の攻撃を全体化した場合、敵の前列と後列それぞれに列範囲の地形効果が発生します。

フォトン干渉 [編集]

一部の技は敵味方のフォトンに干渉し、戦闘中の行動を変えることが出来ます。
状態異常や弱体とは異なる分類であるため、状態変化耐性で防ぐことは出来ません。
オーブにより、特定のフォトン干渉に対して耐性をつけることが可能です。

また、フォトン干渉に関連する強化・弱体としてフォトン容量上昇・低下が存在します。
行動によりフォトンが追加される場合、対象者のフォトン容量を超える分は破棄され無効となります。
オーブ使用はフォトン干渉の影響を受けません。(フォトン容量には制限されます)

フォトン破壊 [編集]

対象のフォトンを破壊し、フォトンによる行動をスキップします。
原則として下から破壊されます。

+  フォトン破壊の手段一覧

フォトン奪取 [編集]

対象のフォトンを奪い自身のフォトンとして追加します。
相手の行動をスキップした上で、奪取した分の手数が増えます。
原則として下から奪取され、奪取した分は一番上に追加されます。
攻撃を伴うフォトン奪取で敵を撃破した場合、フォトン奪取は行われません。

+  フォトン奪取の手段一覧

フォトン追加 [編集]

対象に特定のフォトンを追加します。
原則として対象の一番上に追加されます。
※「失敗!」の表示はありませんが、フォトン容量か追加個数上限に引っかかると「無効!」と表示されることはあります。*1

+  アタック追加の手段一覧
+  スキル追加の手段一覧
+  チャージ追加の手段一覧

フォトン変化 [編集]

対象のフォトンが、技ごとに指定されたフォトンに変化します。
原則として、下から変化します。
耐性が存在せず、能力ごとの成功率を参照します。

+  フォトン変化の手段一覧

フォトン転換 [編集]

対象のフォトンを、技ごとに指定されたフォトンに転換させます。
原則として、対象が未使用のフォトンの一番下から転換させます。
フォトン転換とされるのは2019/05/04現在、バールゼフォンのスキルが該当します。
※味方側対象がフォトン変化、敵側対象がフォトン転換と使い分けられていると考えられます。

補足:行動順について [編集]

フォトン奪取・破壊でフォトンが無くなった場合、行動はスキップされます。
たとえば敵が1巡目で行動する予定だったフォトンを奪取・破壊した場合は1巡目での行動が無くなります。
敵が1巡目の行動を終えていて、2巡目のフォトンを奪取・破壊した場合は2巡目での行動が無くなります。
奪取・破壊により次の巡以降の行動が早まることはありません。

フォトンが積まれ行動予定のあるキャラである場合、上に追加されたフォトンによる行動は次の巡以降となります。
自身によるフォトン追加や奪取でも行動は次の巡以降です。同じ巡の、遅い行動を飛ばすことはありません。

フォトンを積んでいない(行動をすべて終えた、あるいはそもそも積まなかった)キャラに追加を行うと、追加対象者よりも素早さ順の早い追加であれば、行動は同じ巡で素早さ順通りになります。
対象者よりも素早さ順の遅い追加であれば、追加されたキャラは同じ巡で追加直後に行動します。
2つ以上のフォトン追加が行われると現在の巡に追いつくように行動を消化するため、この時に限り2連続以上の行動になる場合があります。

特殊フォトン [編集]

バトル中、通常のアタック・スキル・チャージ以外のフォトンが出現することがあります。
特殊なステージにおいてターン開始時に出現するフォトンがそうであったり、あるいはユニットの特殊な行動によって出現したりと、条件は様々です。

強化フォトン [編集]

通常より強力な効果が得られるフォトンです。
強化の項目も参照のこと。

  • 通常のフォトンとの相違点
    • 通常の3種が白い光を纏ったような見た目
    • 技の威力・効能などが1.5倍または2倍となる
      • 強化アタック:アタック威力2倍・奥義威力1.5倍・効能1.5倍
      • 強化スキル:威力1.5倍・効能1.5倍
      • 強化チャージ:覚醒ゲージ増加量3・秘奥義威力1.5倍・効能1.5倍
  • 主な出現条件
    • フォトン強化の効果を持つ技を使用した
    • 強化フォトン発生ステージに挑んだ

劣化フォトン [編集]

通常より弱い効果しか得られないフォトンです。

  • 通常のフォトンとの相違点
    • 通常の3種に黒い靄をかけたような見た目
    • 技の威力・効能などが0.5倍となる
      • 劣化アタック:威力0.5倍・効能0.5倍・覚醒ゲージ増加量0
      • 劣化スキル:威力0.5倍・効能0.5倍
      • 劣化チャージ:覚醒ゲージ増加量1・威力0.5倍・効能0.5倍
    • フォトン強化を適用することで相殺され、通常のフォトンに戻る
  • 通常のフォトンとの共通点
    • オーブの使用に制限はなく、技も変化しない
    • フォトン強化によって変化しない効果は、フォトン劣化によっても変化しない
      • フォトン追加、地形効果、覚醒増加・減少、点穴、Hボムなどが好例
  • 主な出現条件
    • 劣化フォトン発生ステージに挑んだ
    • フォトン劣化の効果を持つ技を使用した

ペインフォトン [編集]

使用によりダメージを受けるフォトンです。

  • 通常のフォトンとの相違点
    • トゲの生えた黒い球体のような見た目
    • 使用者は、自身の攻撃力×0.5のダメージを受ける
      • このダメージは、特性・技の両方においてダメージ軽減・無敵・回数バリアなどで防ぐことはできない
    • 3種のフォトンに当てはまらないため、フォトン強化はできない
  • 通常のフォトンとの共通点
    • フォトン破壊、フォトン奪取、フォトン変化の対象になる
    • フォトン容量が上限に達した相手には追加できない
    • 混乱状態では50%の確率で同士討ちが発生する
    • 固定砲台状態では結晶矢として撃ち出される
    • ティアマトに追加されると特性が発動しない
  • 主な出現条件
    • ペインフォトン転換・ペインフォトン追加の効果を持つ技を使用した
    • ペインフォトン発生ステージに挑んだ

シフト [編集]

シフトとは [編集]

戦闘中になんらかの条件を満たした際に、ステータスや特性・技などが変化することを総称して「シフト」と呼びます。

なおゲーム内において「シフト」という表現を明確に使っている場合(例:ベヒモス・ネルガル)のほかに、
記述されてはいないものの実質的にシフトであると考えられるものもここでは取り扱っています(例:コルソン・ティアマト)。
※シフトという用語が公式に作られたのが、リリースから一年近く経ってからだったことに起因すると思われます。

シフトの発動条件・解除条件 [編集]

シフトの発動条件はキャラクターによって異なります。

スキル・覚醒スキル使用で変化するシンプルなものもあれば、自動蘇生時に発動するものなどもあります。
同様に解除条件もそれぞれ異なり、スキル使用で解除になるものもあれば、倒されるまでは解除不可能なものもあります。

シフト要素を持つキャラクター [編集]

現在、シフト要素を持つ味方キャラクターは以下のとおりです(後述の大協奏による技変化は除外しています)。
なおシフトはキャラクターによる違いが大きいため、それぞれの詳細は各キャラの個別ページをご覧ください。

  • コルソン
    • 覚醒スキル使用時に、ぬいぐるみ巨大化状態になる
    • ぬいぐるみのHPがなくなることにより解除される
  • ティアマト
    • バーサーク状態になった時に、スキル・覚醒スキルの内容が変化する
      ※自身の特性以外の手段でもバーサーク状態になればシフトします
    • 倒されるまで解除されない
  • ベヒモス
    • スキル使用時に、獣形態になる
    • 獣形態でスキルを使うことにより解除される
  • ネルガル
    • 自身の特性での自動蘇生時に、自動操縦モードになる
      ※蘇生MEを踏んでいる場合、特性よりMEが優先されるため、1度目の蘇生ではシフトしません
    • 再度倒されるまで解除されない

チェイン [編集]

チェインとは [編集]

チェインとは、あるキャラクターが行動した際、その「直後に」味方の他の行動を「割り込ませる」効果です。

たとえば素早さの遅いガープをターゲットした状態で、ハーゲンティ(バースト)がチェイン効果を持つ奥義を使います。
すると、他の敵・味方の行動順を無視して、ハーゲンティの奥義直後にいきなりガープが行動します。
これにより、本来は間に合わないかばうスキルを敵の行動前に割り込ませて使う、なども可能になります。

なお上記では別々のキャラクターの行動を例に挙げましたが、自分自身を対象としてチェインを行うこともできます。
この場合には、自身の2巡目の行動が先行発動することになります。
(すでに1巡目で行動済みの別キャラクターを対象とした場合も同様)

チェインの注意点 [編集]

オートターゲット(ターゲットなし)の状態でチェインが発生した場合、
もともとそのキャラクターの次に予定されていた味方の行動にチェインされます。

たとえば「味方A→味方B→敵」という行動順だったときにAが(オートターゲットで)チェインを発動しても、
もともとBが直後に動く予定だったので順序的なメリットはありません。
※後述のチェイン数による技効果上昇のメリットが存在する場合はあります。

また、ターゲットありのチェインの場合、ターゲットした味方以外にはチェインしません。
ターゲットした味方の行動が残っていない状態でチェインが発生した場合、他の味方の行動が残っていたとしても、チェインは不発になります。

チェインの連続発動 [編集]

チェイン効果を持つ行動を複数使うと、チェインを連続発動させることができます。
この際、チェインが連続発動した回数を「チェイン数(Ch)」と呼び、チェイン数が1以上の時「チェイン中」扱いになります。

また一部のキャラクターは、チェイン数に応じて効果が強化される技を所持しています。

  • 例:マルコシアス(バースト)の奥義+の攻撃倍率
    • チェインなし:5倍
    • Ch1:5.5倍
    • Ch2:6.5倍
    • Ch3:8倍
    • Ch4:10倍

チェインを発生させる行動一覧 [編集]

+  チェイン発生の手段一覧
+  既存案

回数チェイン [編集]

次の行動時に「チェイン」が発生する特殊状態です。
現時点ではマルチネのみが使える特殊状態となります。

・重ねがけはできない
・オーブによる行動もチェインを発生させることができる
・他のチェイン発生効果でチェインが発動しても回数チェインは消費される

攻撃力昇華 [編集]

チェイン数が増えることにより、攻撃力が上昇する特殊状態です。
現時点ではサタナキア(バースト)のみが使える特殊状態となります。

  • 例:サタナキア(バースト)の奥義+の攻撃力昇華
  • 【Chなし】10%上昇
  • 【Ch1】40%上昇
  • 【Ch2】70%上昇
  • 【Ch3】100%上昇
  • 【Ch4】130%上昇

たとえばCh3状態で誰かが攻撃を行う場合、その時点のチェイン数(=Ch3)が参照され、
攻撃力が100%上昇した状態での攻撃となります。

チェイン関連者のステータス [編集]

チェインには能力値を参照する技があるため、関連者のLv70ステータスをまとめておきます。

名前HP攻撃力防御力素早さ
オレイ7291922538471
サキュバスB8637707495534
サタナキアB8986815475537
サルガタナス6503763618608
シャックスB73271157428478
ハーゲンティB70041199454494
バールゼフォン7245629630643
プルフラスB77711219419450
ベリトB79421053518432
マルコシアスB67611338465462
マルチネ66971353417488

トランス [編集]

敵か味方、あるいはその両方の編成そのものに付与できる効果を総称してトランスと呼びます。
トランスを解除する事は基本的にできません
ターン経過や、発生者の戦闘不能などでも解除されません。
ただし、他の種類のトランスを発動させると新しい方に上書きされ、効果がリセットされます。
複数の種類のトランスを同時に編成に付与することはできないためです。

現在実装されているトランスは下記のとおりです。

  • 協奏
  • 怒闘
  • バレットアーツ
  • ネクロ

協奏 [編集]

協奏とは、音楽に関連した行動によって音符が溜まり、それに伴って編成全体に段階的な強化が発生する状態です。
なかでも特徴的な点として、範囲ダメージ(列または全体ダメージ)上昇があります。

具体的な使い方としては、まず協奏状態にする技・オーブを使用すると、編成内に五線譜が現れます。
この状態になってから、楽器や歌など音楽に関連した行動の技・オーブを使用することで、五線譜上に音符が溜まります。
この音符の数によって、範囲ダメージ上昇や、アタック・スキル強化など様々な効果が発生します。
協奏状態中、右下のマークから現在の強化段階を参照できます。

協奏中に音符数が0になっても、協奏状態は解除されません。

+  協奏の手段一覧

音符の発生 [編集]

音符の発生と消失に関しては、原則としては以下のように定められています。

  • 奥義による行動では、音符が2個発生する
  • その他の手段による行動では、音符が1個発生する
  • 発生した音符は2ターン経過すると消失する
  • 蓄積される音符は10個まで。それ以上発生すると、古い方(左側)が押し出されて消失していく

※スキル強化・アタック強化時に音符を発生させても、音符の数や継続ターンが増加することはありません。

また音符を発生させることができるのは、楽器・歌に直接関連する技・オーブのみです。
たとえば武器が楽器のキャラクターであっても、技が楽器に直接関連しない場合は音符は溜まらないという法則があるようです。
例として、ジズ(バースト)の武器は笛ですが、スキル(くしゃみ)では音符は増えず、覚醒スキル(笛を吹く)では音符が増えます。

なお、現時点で音符を発生させることのできる手段の一覧は下記の通りです。
戦術逆引きページからの取り込みに移行しました。

+  音符発生の手段一覧

音符の数と大協奏状態について [編集]

音符は最大で10個まで付与することができますが、その数によって以下の効果量が上昇します。

  • 攻撃力上昇
  • 範囲ダメージ上昇
    • 範囲ダメージは列攻撃・全体攻撃が該当します(列化・全体化された場合を含みます)
  • 響撃ダメージ上昇

また音符が5個以上になった状態を「大協奏状態」と呼び、さらに以下の効果が追加発生します。

  • アタック強化&スキル強化
  • 一部の技・オーブの性能が変化する

最後の技・オーブの性能がどのように変化するかは、ゲーム内ではステータス画面の技説明にある「♪」ボタンから確認できます。
(当wikiの各キャラ個別ページにおいては、通常/大協奏という形で技欄を分けています)。
大協奏状態で性能が変化する技はステータス画面から効果を確認できますが、これはあくまで基礎値となります。
実際には大協奏による各種バフが上乗せされるため、大協奏で変化する技は額面以上の威力を発揮します。

さらに大きな特徴として以下を持ちます。

  • 協奏状態でのバフ(攻撃力上昇/範囲ダメージ上昇/アタック強化/スキル強化)は強化解除されません

また、現時点では音符を付与する技と大協奏状態で性能が変化する技は共通していますが、今後も同様となるかは不明です。
※オーブに関しては大協奏による性能変化は現在のところは確認されていません。

協奏状態の効果 [編集]

音符の数に応じて、以下のように効果が発動します。
※響撃ダメージ補正は推定値です。

音符攻撃力範囲ダメフォトン強化響撃ダメ備考
上昇変動上昇変動アタック&スキル上昇
0個0%-0%--0.0%
1個5%+5%5%+5%×3.5%
2個10%+5%10%+5%×7.0%
3個15%+5%15%+5%×10.5%
4個20%+5%20%+5%×14.0%
5個20%020%017.5%ここから大協奏
※一部技が変化
6個22%+2%30%+10%21.0%
7個24%+2%40%+10%24.5%
8個26%+2%50%+10%28.0%
9個28%+2%60%+10%31.5%
10個30%+2%70%+10%35.0%

攻撃力は大協奏状態になるとそれほど変わらなくなる(2%ずつ上昇)が、
逆に、範囲ダメージは大協奏状態になると大きく上がるようになる(10%ずつ上昇)という特徴を持ちます。

響撃ダメージ [編集]

響撃ダメージは、以下の特徴を持ちます。

  • 音符の数によってダメージが増加する(音符1個につき3.5% ※推定値)
  • 無敵と回数バリアを無視する
    • ダメージブロック(一定以下のダメージを無効化)や攻撃ダメージを100%軽減特性は無視しません(詳細
  • 単発の単体攻撃でも点穴が発動しない

※防御無視効果はないため、敵の防御力によってダメージは減少します。

響撃ダメージを持つ攻撃は、技説明文に「響撃ダメージ」と表記されています。
ただし、普段は通常の攻撃だが、大協奏状態のときのみ響撃ダメージになる攻撃もあるので注意してください。
たとえばですが、バルバトス(カウンター)のスキルなどがこれに該当します。

なお、現時点で響撃ダメージで攻撃できる手段の一覧は下記の通りです。

+  響撃ダメージの手段一覧
+  検証:響撃ダメージの補正

協奏に関するFAQ [編集]

上と情報が重複する部分もありますが、疑問点になりやすそうな内容をFAQでまとめます。

  • Q:協奏状態でのバフは強化解除されますか?
    • A:強化解除されません(攻撃力上昇/範囲ダメージ上昇/アタック強化/スキル強化のいずれも)
  • Q:協奏状態は永続ですか?
    • A:他のトランス状態(怒闘など)で上書きされない限り、永続です。
      音符数が0になったり、協奏を発生させたキャラクターが死亡した場合でも継続されます。
  • Q:列化・全体化した技も範囲ダメージ上昇の対象となりますか?
    • A:なります。
  • Q:アタック強化やスキル強化によって音符の発生個数を増やしたり、継続ターンを伸ばせますか?
    • いいえ。音符はアタック強化やスキル強化の影響を受けません。

怒闘 [編集]

バーサーク状態のメギドの攻撃力をさらに上昇させるトランスです。ただし同時にターン終了時のダメージが増加します。
2020年1月時点でイポスCベレト(専用霊宝装備時)・サレオスCが発動可能です。

  • ボルテージ
    バーサーク状態のメギドが攻撃するとボルテージが上昇していき、その数値によって効果が上昇していきます。最大値は原則70です。
    • ボルテージの上昇判定はヒット数ではなく行動回数でカウント
      • 直接ダメージを与える行動なら、加勢によるアタックや反撃でも上昇する
    • ボルテージの上昇量は1回の攻撃につき味方のバーサーク人数×1
    • ボルテージはターン経過や発動者・参加者の戦闘不能などで減少することは無い
  • 攻撃力上昇量・ダメージ増加量
    • 攻撃力上昇量はボルテージ1につき6%、70で420%まで上昇。バーサークと合わせて最大570%
    • ダメージはボルテージ1の時点で2%増加し、以降8、15、22…と7上がるたびに2%増加。64の20%増加(最大HPの30%ダメージ)が最大値
      +  怒闘表
  • その他
    • 他のトランスとは相互に上書きされ、ボルテージも0から再スタート

バレットアーツ(Bアーツ) [編集]

バレットアーツとは、味方の編成でバレットを蓄積・消費できるようになるトランスです。
バレット蓄積時に対応する技を使うとバレットを消費して技の性能が強化され、さらに消費したバレットの追加効果を得られます。

バレットは99個まで蓄積可能で、原則古いものから消費されます。
バレットの消費数は指定がない限り対応する行動1回につき1個です。連撃数は関係ありません。
バレットが同時に複数消費される場合、消費されたバレットの効果が同時に発動します。この時、同一の効果はより効果値の高い方のみが反映されます。

+  バレット作成の手段一覧
+  バレット消費の手段一覧

バレット自体はフォトン強化されませんが、バレットを使った攻撃はフォトン強化の影響を受ける物もあります。
例えばスキル強化中にアガレスCが作ったバレットの感電効果は2ターンのままですが、バレットを使った攻撃がスキル強化されていると3ターン持続します。
一方、オリエンスやフォカロルRのダメージ上昇・飛行特効・固定追加ダメージなど、直接威力を強化する物は影響を受けません。

ネクロ [編集]

「ネクロ」は、「ソウル」を溜められる状態になり、ソウルがあるときに、一部のスキルや奥義が変化するトランスです。
ネクロ状態で敵味方のいずれかが戦闘不能になるとソウルが1体につき3上昇し、最大20まで蓄積されます。

  • ネクロの効果
    • ソウル1につき3%、最大30%ダメージ軽減
    • 戦闘中、一度でも戦闘不能になった対象は攻防早がソウル1につき5%上昇(最大75%)
+  ネクロの手段一覧
+  ソウル消費の手段一覧

ブレイク [編集]

ブレイクは、敵の行動を阻害し、代わりに自身が特定の行動をする能力です。
2020年7月末時点でスコルベノトフルフルCカイム(専用霊宝装備時)が発動可能です。

敵の行動に割り込んで行動を打ち消す事をブレイクといいます。
フォトン破壊の亜種と考えていいでしょう。
ただしフォトン破壊とは別の耐性が使われるようで、実装時点ではほぼ全ての敵に効くとされています(アジトTV#12より)。

  • 発動条件
  1. ブレイク待機(〇〇ブレイク)状態のキャラが
  2. 次に使うフォトン・オーブがブレイク技の時に
  3. ブレイク対象が対応するフォトンを使おうとすると発動する
  • その他特徴
    • ブレイクはかばうを無視
    • ターゲット時はその対象にのみ反応する(他の相手が条件に当てはまっても発動しない)
    • ブレイク効果は範囲拡大不可・チェイン中の行動には発動しない
    • ブレイク待機は特殊状態であり、ブレイクを発動すると解除される
    • ブレイク待機中に再度ブレイク待機しても、上書きされるだけで回数は増えない
    • スキルフォトンでブレイク待機中に感電しているなど、ブレイク技を使用できない状態だと不発になる
    • 相手がめまい等で該当フォトンを使用できない時でもブレイクは成立する
    • 回数チェイン状態の時にブレイク技を発動させるとブレイク技からチェインが発動する

秘奥義 [編集]

一部のメギドは、自身の覚醒ゲージが最大のときに、チャージフォトンを使うことで秘奥義を使用できます。
この秘奥義は使用にあたって様々な制約があるかわりに、非常に強力な効果を持ちます。

使用条件 [編集]

  • 秘奥義を持つメギドである
  • 該当メギドが☆6に進化済み
  • 覚醒ゲージ最大値以上のターン数が経過している
    • 例:秘奥義を持つメギド(覚醒ゲージ数3)の秘奥義は、通常3ターン目以降に使用可能
  • 戦闘中に一度しか使うことができない

秘奥義の補足 [編集]

  • 秘奥義使用後、覚醒ゲージは0になる
  • チャージ強化により、威力・効能が1.5倍になる(奥義へのアタック強化等と同様)
  • 覚醒ゲージ最大値が減っている場合、使用可能となるターン数もそれに合わせて短縮する
    • 例:フリアエのMEに秘奥義を持つメギドを配置(覚醒ゲージ最大値3→2に減少)した場合、2ターン目の時点から使用可能となる

その他 [編集]

蘇生について [編集]

戦闘中に蘇生が行われた際には、戦闘不能前から維持される要素とリセットされる要素の二種類があります。

  • 戦闘不能前から維持される要素
    • 覚醒ゲージ
    • オーブのクールタイム
    • ターゲット
    • 地形
  • リセットされる要素
    • 戦闘不能前に積んでいたフォトン
    • スキル・奥義レベル
      • 正確には、参照しているスキル使用回数などがリセットされる
        戦闘不能回数などリセットされない数値を参照する技はリセットされない
    • 状態異常・強化・弱体・特殊状態
    • シフト状態(自動蘇生によりシフトする場合を除く)

生きている他の味方をターゲットしていても、蘇生行動は戦闘不能のキャラクターを対象にします。
また複数キャラクターが戦闘不能になっている際、どのキャラクターが蘇生されるかはランダムです(参考:AI検証)。

蘇生はフォトン強化・劣化や回復量上昇の影響を受けません。

チャージスキルについて [編集]

一定ターン経過後に技が発動する、「チャージスキル」という要素があります。
これはターン終了時に特定の効果を発動する強化状態「リザーブ」とは別に分類されています。

2019/12/23アップデートで、チャージスキルだった技はいずれも特殊状態である「遅延行動」扱いになったため、ver1.25.1時点時点でチャージスキル状態を付与する技はありません。
ヘルプからも項目が消えています。

+  以前の解説

ターン終了時に適用される効果の処理順 [編集]

  1. 自然回復
  2. ターン終了時覚醒増加
  3. ターン終了時点穴増加
  4. 状態異常によるダメージ
  5. 地形ダメージ
  6. バーサークによるダメージ・攻撃力上昇
  7. Hボムのターンカウント・爆発
  8. 強化・弱体・状態異常などのターンカウント
  9. リザーブとそのターンカウント、およびターン終了時に行動する特性
  10. 引き寄せ・ノックバックからの復帰
  • 備考
    • 状態異常によるダメージは、毒→煉獄の炎→悪夢の順番となる。
    • リザーブおよびターン終了時に行動する特性が複数適用される場合、その順番は素早さ順となる。
    • ターン終了時に行動する特性に当てはまるのは、味方ではバフォメット・ティアマト・グシオンB、敵ではメギド体バラム・ヤクトフレッサー・真珠姫ルゥルゥ・魔眼賽ドゥームなど。
    • 味方の数やHPを参照して発動する効果(ハルファス、魔業蟲の取り巻き、メギド体サルガタナスなど)は、行動そのものはこの順番でも、数値を参照するタイミングは自然回復より前である可能性が高い。
+  募集中の情報

コメントフォーム [編集]

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 取り急ぎほぼ項目だけですが、回数チェインを追加しました。ヘルプ更新や実装に伴ってより詳しい情報募集中となります。
    なお、お知らせによると正確には回数チェイン自体は特殊状態とのことですが、チェインと項目を分離してもかえって分かりにくくなると思いますので、こちらのページににまとめることといたします。特殊状態ページには誘導リンクを追加済みです。 -- 管理人?{ROHz.01cEik} 2019-05-28 (火) 22:20:50
  • 怒闘で協奏を上書きできるようになったので「協奏状態は永続ですか?」の部分を編集しました。 -- {wcwCRMpYzyY} 2019-08-29 (木) 10:23:47
  • 特殊フォトンについて編集しました。 -- {kCZXDrob/v2} 2019-08-29 (木) 14:52:29
  • 協奏状態って音符一個も出なかったら切れるらしい(未体験)から厳密には上書きしなくても永続じゃないんじゃない? -- {yhN9C0lvuZA} 2019-09-08 (日) 01:21:56
    • 切れませんね、永続です。(実験済み)
      こちらからも聞きたいのですが、なぜ公式アナウンスとも異なる、実験すればすぐわかるような誤った情報を提唱するんですか?
      それとIDで検索したんですが、吸血鬼イベントで協奏が切れたって言っていた人ですね。
      あちらの書き込みと、今回の(未体験)、どちらが虚偽ですか? -- {Q77Wyeb90GI} 2019-09-08 (日) 01:45:54
      • 少し気になりましたのでコメントしておきます。まず情報の素早い修正、ありがとうございます。
        ただご指摘の際の言葉が若干ながら強いようにも見受けられますので、もう少し柔らかい表現だとより良いかと。今回に関しては音符が切れることでの協奏解除は未体験という意味ではなかったかと個人的には解釈しました。
        もちろん間違った情報が広まらないようにするのは大切なことなので、ご指摘いただくことは必要ですし正しいことです。ただシステムも比較的複雑なゲームではありますし、私自身含めてなかなか誤解や思い込みのない完璧な情報交換・意見交換は難しいかと思います。その辺りをもう少しだけご考慮いただくとより良いご指摘となるかと思います。 -- 管理人?{ROHz.01cEik} 2019-09-08 (日) 03:34:19
      • 読み返してみれば、質問というよりは詰問と言う感じになってしまっていますね。 大変失礼いたしました。
        私事になりますが、最近デマを広めるコストとそれを否定するコストについて頭を悩ませる機会が多く、その影響が出てしまったかと思います。
        木主への語調の荒さ、管理人さんのお手を煩わせたことをともにお詫びいたします。 -- {Q77Wyeb90GI} 2019-09-08 (日) 05:44:29
      • いえいえ、こちらこそ横から申し訳ありません。ご理解いただけて幸いです。いつも他ページでも回答等ありがとうございます。大変助かっております。 -- 管理人?{ROHz.01cEik} 2019-09-08 (日) 07:14:36
      • ごめんなさい、未検証って言いたかったんです……
        そっち(吸血鬼のイベント)の枝葉で音符貯めないと切れるからそれじゃないかって言われてたので、そういう仕様があるのかと思ってました。じゃあ向こうのがバグだったのかな… -- {yhN9C0lvuZA} 2019-09-09 (月) 00:06:52
  • 協奏が使えるメギドのところでプロメテウスの専用霊宝での発動が記載されていませんが、これは意図的な物ですか? -- {df7bC9gNy8w} 2020-01-01 (水) 16:19:03
    • 後から専用霊宝で追加されたから、表から漏れてるんだろうね
      プロメテウス持ってないからあんま覚えてないけど、ページ確認して追加してみるか -- {9rMwFWmitKc} 2020-01-01 (水) 18:48:49
    • ※霊宝に関しては本ページへの対応方針自体を検討中ですので、現時点では掲載は控えていただくようお願いいたします。
      …と、戦術逆引きページに書かれています。意図的なものですね。 -- {riR9mXqcFpg} 2020-01-01 (水) 18:59:08
      • 見逃してたから自分で追加したやつコメントアウトしとこう… -- {9rMwFWmitKc} 2020-01-01 (水) 19:05:50
      • むしろ消しとこう… -- {9rMwFWmitKc} 2020-01-01 (水) 19:15:56
  • 秘奥義の項目を追加しました。 -- 管理人?{ROHz.01cEik} 2020-01-17 (金) 17:22:22
  • ぼちぼちトランスは独立させても良さそうな感じがしますね 個人的にパッと見このページにあるって分かりづらかったりするし -- {E7RG6l4/AGU} 2020-07-14 (火) 04:08:02
    • ご意見ありがとうございます。そうですね、だいぶ情報量が多くなっているのでその方が良さそうです。少し様子を見てからですが、近いうちに対応したいと思います。 -- 管理人?{ROHz.01cEik} 2020-07-14 (火) 19:57:35
  • 秘奥義の項目において、ネタバレに配慮した表記になっていたのですが、実質的にネタバレになっていました。
    なので、システムは依然として伝わるような形で、ネタバレに配慮する表記に統一しました。
    問題がある場合は、戻してください。 -- {Pl8y3vloL6c} 2020-07-23 (木) 17:48:23
  • ブレイクの説明をスコルベノトページから移設しました。関連ページも編集済みです。 -- {iQYrb23Cr46} 2020-08-01 (土) 20:59:36
  • 地形効果を編集しました。
    地割れの項目に破断ダメージの記述を追加しました。
    また、「ダメージ軽減を無視するようです」という推測を含む記述を検証を経た上で断定に書き換えました。
    +  ダメージ軽減の検証内容
    <表示崩れ防止> -- {G9oIDrzk18s} 2020-09-19 (土) 17:34:17
投稿にはガイドライン(詳細)への同意が必要です。
問題のある投稿への返信・反応は避け、禁止事項に触れるものはこちらの対応をお願いします。
お名前:
このコメントは、他の人が読んで嫌な気持ちにならないように気をつけています

*1 一人のキャラが1ターン内に追加できるフォトン数は15個まで
*1  6ターン目以降
*2  反撃時
*3  次の行動対象
*4  スキルフォトン使用時
*5  ライブ発動後、音符マークになったフォトン消費時も音符発生
*6  味方編成に蓄積されている全ての2ターン音符の継続ターンを-1する
*7  スキルLv3では2個
*8  チャージフォトン使用時

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-09-19 (土) 17:32:02 (8d)